アロマテラピー

お勉強

“チャイルドケア”の勉強を始めました。以前からやってるアロマテラピーの延長です。

最近病院などでも行われている“タッチセラピー”や“ベビーマッサージ”に興味があったんだけど、自分の妊娠を機に受講を申し込みました。出産後は毎日大変だろうけど、そんな中でもゆっくりと子供と向き合えたらいいなと思って。

一年間、自宅で勉強して、実習もします。なんとレポートの提出もありますsweat01 それで、一年後に試験に受かったらライセンスがもらえるっていうシステムです。

資格を取ってからのことは追々考えるとして、いい機会(出産・育児はそう何度も経験することとは思えないから)だと思って。でも、“チャイルド”の対象が新生児~反抗期に渡っているようなので、ちょっと受講の時期が早かったかも。最後まで続けられるかなcoldsweats01

今日、第一回目のレポートを書いてたんだけど、早速煮詰まってしまって休憩中。だって、課題が「子供とはどういう存在?」「あなたにとって命とは?」とか重くってsweat02

| | コメント (11) | トラックバック (0)

10年後の私

ふと自分の将来について考える。

このまま専業主婦をしてるのだろうか。

 

結婚前は、食品会社で商品開発の仕事をしていた。

精神的にも体力的にもかなり追い詰められたところで7年間やってきた。

大変だったけど、その仕事が好きだったから、なんだかんだ言いつつやってこれたんだと思う。

自分を認めてくれる場所があるのはとても幸せなこと。

主婦の仕事はそういうのとはちょっと違うから、物足りなさを感じる時もある。

自分は専業主婦向きだと思ってたのにな。

家事との両立は厳しいだろうと思って辞めたんだけど、今となっては他の選択肢もあったかなと思う。

 

だけど、いい区切りになったとも思う。

そこで学んだことは、結婚した今も役立ってるし。 

 

だから、これからの自分の人生をどう生きていくかってことをしっかり考えたい。

理想としては、10年後、自宅やカルチャースクールでアロマのインストラクターをしていたい。

そのために、もっといろんなことを勉強して、人生経験を積んで・・・。

さて、どうなることやら(笑)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蜜ろうのハンドクリーム

最近、手湿疹に悩んでいる。

右手だけ皮膚が弱くなってしまってて、ちょっとお手入れをさぼるとカユカユになる。

あかぎれのようで、痛々しい。

 

そこで、蜜ろうのハンドクリームを作ることにした。

 

う~ん、女性らしい香りに仕上がった。

何かの拍子に自分の手からふわっといい香りがすると、すごく女っぽくなった気がして嬉しいんだよね。

早くきれいな手になりますように。

 

作り方

①蜜ろう5gをビーカーに入れ、湯煎にかけて溶かす。

②ホホバオイル25gを加え、混ぜながら加熱する。

③全体が透明になったら容器に流し入れる。

④粗熱が取れたら、精油5滴をたらして混ぜる。

⑤完全に冷めたら、容器のフタをする。

使用した精油は、ゼラニウム、ローズウッド、オレンジです。

Img_0319

| | コメント (2) | トラックバック (0)

石けん作り

久しぶりにアロマソープを作った。

しかも朝っぱらから(笑)

 

今日の石けんはシトラス系の香り☆

ちょっと凝って2層にした。

しかも、マリーゴールドの花びら入り! 

 Img_0314_2

  

 

 

使用感はよく泡立つし、泡切れもいい。

洗いあがりはスッキリ、でも結構しっとりする。

 

アロマソープは肌にやさしいから、敏感肌の私でも安心して使える。

おまけに、自分の気分や肌の状態に合わせていろいろ作れる。

簡単だから、是非作ってみてほしい。

 

基本の作り方

①グリセリン石けんを小さく切ってビーカーに入れる。

②レンジで溶かす。

③精油を加える。

(グリセリン石けん 100gに対し、お好みの精油 計10滴)

④食用色素を少量加えて色をつける。

⑤型に流し入れて冷ます。

⑥固まったら型からはずしてラップをして保存する。

 

今回使用した精油

レモンティーツリー、オレンジ、イランイラン

 

石けんを作るたびに、結婚式前のバタバタを思い出す。

プチギフト用に自分で手作りしようと決めたんだけど、いろいろと忙しくて。

夜な夜な石けんを作ってたな~。

まあ、それもいい想い出☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私とアロマテラピー

アロマテラピーというと、「いい香りのやつでしょ?」とよく言われる。

間違ってはいないけど・・・植物の力を借りて心身の健康作りをするというもので・・・もっと奥が深い。ヨーロッパでは歴史もあるし、科学的な根拠もあるんだよ。

 

私がアロマテラピーに出会ったのは、彼此3年ほど前。

今思うと、いろんな偶然が重なってた。縁があったのかな。

仕事(食品会社で商品開発をやっていた)の関係で“香り”に興味を持ち始め、ハーブやスパイスの本を読むようになった。

そしてちょうどその頃、いろんなことが自分の思うようにならず、本当に絶不調だった。

不眠、生理不順、吹き出物、便秘、ヘルニア・・・。

いろんな悩みを持っていた。

癒されたかった。

自分を変えたかった。

そして、“植物の持つ力と“人間の心身の健康”について考えるようになった。

 

アロマテラピーを始めて一番よかったと思うことは、自分と向き合えるようになったこと。

自分の心と体がどういう状態なのか、何が足りないのか・・・

そういうことを客観的に見ることで、健康管理もしやすくなったし、何より自分に優しくなれたと思う。

 

ストレスを溜めやすい人には是非オススメしたい。

私は、「アロマテラピー」を少しでも多くの人に知ってもらたいと、常々考えてる。

まだはっきり形は見えないけれど、将来そういう仕事に就きたい!

でも、思ってるだけじゃダメなんだよ。行動に移さないと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)